中年だけじゃない!若い人に増えている通風とは?

若くても油断禁物!恐ろしい痛風について徹底解説!

痛風にならないためにすぐできる予防方法

痛風は治せるのか?

最近では、治療法や薬などが開発され、痛風は症状の改善ができる病気になっています。では、痛風の根治は可能なのでしょうか。
対処療法として、まずは尿酸値を下げるという方法があります。尿酸値は健康診断の検査項目にもあるため、この値が上がってきたと思ったら病院を受診することをおすすめします。尿酸値を下げる薬があるので、その薬を服用して尿酸値を下げていきます。服薬と同時に、プリン体を避けた食生活にする、水分補給をしっかりと行うなど生活習慣にも気を配ります。
痛風は、悪化すると関節に溜まって結晶化した尿酸のせいで、関節が変形することもあります。こうなってしまうと根治は難しく、一生痛みと付き合っていかなければなりません。そうなる前に、早めの対策を行うことが大切です。

痛風の予防のためにできること

年齢に関係なく、誰しもなりうる可能性のある痛風。できれば日頃の生活からしっかりと予防をしておきたいですよね。痛風を予防するためにできることは一体何でしょうか。
まずは、自分が痛風になる遺伝的リスクがどれだけあるのかを知ることです。痛風は、体内の尿酸を上手く排出できる体質の人ほどかかりにくいため、反対にいえば家族や親戚に痛風の人がいる場合には要注意です。遺伝的に尿酸を溜め込みやすい体質である可能性が高く、より一層の注意が必要です。
日頃の生活でできる痛風対策としては、まずプリン体を多く含んだ飲み物や食事を控えるということがあります。ビールだけでなく、レバーやあん肝などの食べ物にも多く含まれているので注意が必要です。
また、水分を多く摂るのも大切な対策です。特に日頃からカフェインの入った飲み物を多く飲んでいる人は、水分として身体に行きわたっている量は少ないということを意識しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る