中年だけじゃない!若い人に増えている通風とは?

若くても油断禁物!恐ろしい痛風について徹底解説!

そもそも痛風とはどんな病気なのか

痛風というと、中高年の男性がよくかかっている病気というイメージが強いですよね。特に中年のおじさま達は、よくこの痛風に悩まされているという印象です。ここでは、どうして痛風が中年の病気と思われがちなのかについて説明していきます。飲酒量や生活習慣との関連も見ていきます。

なぜ痛風は中年の病気と思われがちなのか?

そもそも痛風とは、一体どのような病気なのでしょうか。
痛風と聞くと、お酒の中でも特にビールをよく飲む人がかかっている病気というイメージがあるのではないでしょうか。そのためか、特に中高年の男性に多いという印象がありますよね。あながち間違いではないそのイメージですが、実は最近、若い人の間でも痛風になる人が増えているのです。
痛風という病名の由来は、「風が吹いただけで痛みを感じる」という状態からきていると言われています。では具体的にどこに痛みを感じるのかと言うと、多いのは脚です。脚の、特に膝や足の指などの関節部分に激しい痛みを感じることが多く、酷い場合には歩くこともままならないレベルになってしまいます。
痛風の原因は、身体の中に尿酸と呼ばれる物質が溜まってしまうことです。この尿酸が関節の中で結晶になることで、激しい関節の痛みを生むのです。この尿酸は、プリン体が代謝されて生み出されます。プリン体は人間の生命維持活動に必要な物質のため、常に代謝され尿酸となっています。この尿酸の量があまりにも増えすぎると、関節などに溜まって痛みを引き起こすのです。
現在では、治療法や薬などが開発されたため、きちんと病院を受診し治療を受けることで症状を改善することができます。痛風は関節の痛みを引き起こすだけでなく、放置すれば腎臓にも影響を及ぼす恐ろしい病気です。早めの治療が重要なのです。
今回は、若い人にも発祥のリスクがある痛風について詳しく見ていくとともに、中年の病気と思われがちな理由や飲酒量との関係性についてご紹介していきます。

若い人でも痛風になる!その理由とは?

中高年の病気というイメージの強い痛風ですが、実は若い人でもかかる可能性がある病気なんです。実際に若くして痛風になった人たちの特徴や、その原因について探っていきます。中年の痛風と、原因に差はあるのでしょうか。飲酒や生活習慣の他の原因についても見ていきます。

痛風にならないためにすぐできる予防方法

風が吹くだけで痛みを感じると言われる痛風。なってしまったら仕方がありませんが、なるべくなら未然に防ぎたいですよね。そこで、ここでは今すぐできる痛風予防のための習慣をご紹介していきます。そもそも痛風は治せるのか、ということについても触れていきます。

リンク集

新橋の歯科どこにある?

仕事の合間にでも通える新橋の歯科どのくらいある?駅からの距離や診療時間も知りたい。

南青山の矯正歯科は通いやすい?

南青山で通いやすい矯正歯科を探したい。料金の相談や治療計画のたてかたそして診療時間など徹底比較!

関市で愛されている眼科とは

眼科の治療が苦手だった私が関市で見つけた優しい眼医者さん。苦手の理由に自分で気付いた時の話。

堺市で歯医者さんを開くには?

歯医者さんになっても病院も流行らなければ続けるのは難しい…そこで堺市で使える対策を調べました。

池袋の目立たない矯正歯科

矯正していることを周囲に知られたくない人必見の池袋にある目立たない矯正ができる矯正歯科医院。

TOPへ戻る